バートルのサーモクラフト 2021-2022年最新情報

バートル最新情報

〈この記事ではバートル「サーモクラフト」の2021-2022年シーズン最新情報についてまとめています〉

2021年から一気に認知度が拡大している発熱ヒーターウェア。
作業着業界だけでなく、一般衣料の業界でも新たな防寒着として市場に浸透しつつあります。
プロ向けの作業着業界で特に注目度が高いのは、バートルの発熱ヒーターウェア「サーモクラフト」です。
特にインターネット通販で見かけることが多く、どの通販サイトでも大体的に販売されています。
でもなぜ、バートルのサーモクラフトがそんなに注目されているのか。
そしてサーモクラフトはどういった特徴があるのか。
この記事ではそういった「サーモクラフトについての疑問」、そして「サーモクラフト対応の全商品」についてご説明・ご紹介していきます。

バートルのサーモクラフト 2021年最新情報

業界最注目のサーモクラフト

まず発熱ヒーターウェアとは何なのか、そしてサーモクラフトがなぜ注目されるのかご案内します。

発熱ヒーターウェアとは?

そもそも発熱ヒーターウェアとはどういう服なのか、改めてご説明します。
発熱ヒーターウェアを一言で表現すると、「着る電気毛布」です。
「電気で発熱するパッドや電熱線付きの服」と「持ち運びできる”小型バッテリー”」をコードでつないで、電源を入れると温かくなるという仕組みです。

電熱ウェア・発熱ウェア・ヒーターウェア・ヒートウェアなど、メーカーによっていろいろな呼び方がありますが基本的にすべて同じ機能の服です。
服の種類はベストタイプが主流で、一部ブルゾンタイプが存在します。
ちなみにGoogleトレンドで調べたところ、1番浸透している呼び名は「ヒートベスト」のようです。※2021年12月時点
作業着業界ではそれらの商品は「ELECTRIC HEAT WEAR」、通称「EHウェア(イーエイチウェア)」と呼ばれています。
そのEHウェアをバートルも製造していて、バートルが独自に名付けた商品名が「サーモクラフト」です。

バートルのサーモクラフトが注目される理由

近年、「エアークラフト(電動ファン付き作業着)」を夏に毎年大ヒットさせているバートル。
エアークラフトの人気は年々高くなる一方で、人気の高まりはバートルの認知度も一気に押し上げました。
そして今やバートルは作業着業界トップクラスの売上高まで成長しています。
そんなバートルは作業着メーカーの中でも早い時期からEHウェアの開発に着手し、2020年の秋冬シーズンに販売開始した商品が「サーモクラフト」です。

2020年夏時点ですでに非常に高い人気であったバートルが満を持して発売したEHウェアは、前評判が高いというウワサでした。
ただその一方で、市場にまだ十分に認知されていないEHウェアがどこまで売れるのか、懐疑的な意見も業界内にはありました。
そしていざフタを開けてみると「バートル」というブランドを指名買いするお客様が非常に多く、他社のEHウェアと比較しても売れ行きのスピードは明らかに違いがありました。
結果、冬が訪れる前の11~12月の時点で完売となり、販売代理店が仕入れたくても仕入れることができないというプレミア商品となりました。
発売開始から即大ヒットとなった2020年秋冬シーズンを経験して、新たに迎える2021年秋冬シーズンです。
バートルのサーモクラフトが注目されないわけがありません。

発熱ヒーターウェアの種類とは?

サーモクラフトの特徴の前に、一般的な発熱ヒーターウェアの種類についてご説明します。

発熱ヒーターウェアの特徴は「発熱パッド」と「バッテリー」

電気で暖かくなる発熱ヒーターウェアですが、「発熱パッド」「バッテリー」の種類はメーカーによってさまざまです。
ただそれぞれ大きく2種類に分類することはできます。

発熱パッドの種類は大きく2種類

まず「発熱パッド」のお話ですが、服は次の2種類に大きく分類することができます。

1.服に取り外しできる「外付けタイプ」
メリット:洗濯できる
デメリット:パッドの付け外しが慣れるまでは手間
2.服の内側に縫い付けられている「内蔵タイプ」
メリット:パッドの付け外しがないので楽で早い
デメリット:洗濯できない商品が多い

どちらのほうがが優れているということはありません。
選ぶ際にどのポイントを優先するかで、オススメの種類は変わってきます。

バッテリーの種類も大きく2種類

バッテリーも次の2種類に大きく分類することができます。

1.専用バッテリータイプ
メリット:パワーが強く長時間稼働する商品が多い
デメリット:充電時間が比較的長い
2.一般的なモバイルバッテリータイプ
メリット:価格がお手頃、スマホの充電などほかの用途にも使うことができる
デメリット:ハイパワーでの長時間稼働はできない商品が多い

バッテリーもどちらのほうがが優れているということはありません。
やはり選ぶ際に何をの優先で判断するかで、オススメの種類は変わってきます。

バートル「サーモクラフト」の特徴は?

バートル「サーモクラフト」は上記のどの商品に分類されるかご説明します。

発熱バッドは「外付けタイプ」

バートルのサーモクラフトはT字型のパッドを服に外付けするタイプです。
取り付ける場所は背中の内側です。取り外しができるため、服自体を洗濯することができます。
パッドはT字の形になっているので、ちょうど両肩と背骨に沿って温められるイメージです。

バッテリーは「専用バッテリー」

サーモクラフトで使用するバッテリーは、バートルが独自に開発した「サーモクラフト専用のバッテリー」です。
製造元は京セラインダストリアルツールズ社であり、不具合の発生が少なく安心して使用できるバッテリーです。
このバッテリーの最大の特徴は、バートルオリジナルの「ファン付きウェア”エアークラフト”」「発熱ウェア”サーモクラフト”」のどちらにも使えることです。
エアークラフトをすでに持っている方は、今まで秋になったら眠らせていたバッテリーを活用できるのでとてもお得です。

バートル サーモクラフト対応防寒着【2021年秋冬 全商品一覧】

ここから2021-2022年シーズンの最新サーモクラフト対応防寒着の全商品についてご紹介します。

8210シリーズ

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 8210の平置き写真

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 8210

2021年秋冬シーズンに新発売された商品。
防寒着では数少ない「綿100%」の耐久性のある生地が特徴です。
裏地には保温性の高いアルミメッシュを採用し、サーモクラフトと併用することでとても暖かく着用できます。
また、サーモクラフト対応シリーズの中で唯一、ペアの防寒カーゴパンツも製造されている商品です。

〈混率〉表地:綿100%、裏地:ポリエステル100%
〈保温裏地〉あり ※保温アルミメッシュ
〈撥水性〉強撥水加工
〈ヘルメット対応フード〉なし
〈サイズ展開〉S~3XLサイズ

防寒ブルゾン(品番:8210)の商品ページはこちら
防寒カーゴパンツ(品番:8212)の商品ページはこちら

5004シリーズ

バートル サーモクラフト対応防寒ベスト 5004の平置き写真

バートル サーモクラフト対応防寒ベスト 5004

2021年秋冬シーズンに新発売された、バートルらしさ全開のカジュアル防寒ベスト。
表面には防寒着では非常に珍しいデニム生地を採用しています。
正面のファスナーはダブルジップ仕様・襟元の裏地にはシープボアを採用と、ヴィンテージなアメリカンカジュアルのようなかっこよさを追求したデザインです。

〈混率〉表地:綿100%、裏地:ポリエステル100%
〈保温裏地〉なし
〈撥水性〉なし
〈ヘルメット対応フード〉なし
〈サイズ展開〉S~XXLサイズ

防寒ベスト(品番:5004)の商品ページはこちら

5020シリーズ

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 5020の平置き写真

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 5020

2021年秋冬シーズンに新発売の、ストリート感の強い防寒着。
見た目がオシャレなだけでなく、「耐水圧10,000mmという高い撥水性」「両肩には破れにくいコーデュラ生地を採用」と機能性にも優れた商品です。
カラー展開はいずれもバートルらしい色味である「ミルスグリーン・ブラックウッド・ブラック・カーディナル」の4色展開となっています。

〈混率〉ポリエステル100%
〈保温裏地〉あり ※保温アルミメッシュ
〈撥水性〉耐水圧10,000mm
〈ヘルメット対応フード〉なし
〈サイズ展開〉S~3XLサイズ

防寒ブルゾン(品番:5020)の商品ページはこちら
防寒ベスト(品番:5024)の商品ページはこちら

5270シリーズ

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 5270の平置き写真

バートル サーモクラフト対応防寒ブルゾン 5270

2020年発売のアウトドアテイストの防寒着。
サーモクラフト対応シリーズの中ではお手頃な価格設定でありながらも、「保温裏地」「すその反射テープ」など細部にもこだわっている商品です。
2020年秋冬シーズンは早々と完売となったため、2021年シーズンは生産量が増やされることとなりました。

〈混率〉表地:綿52%・ポリエステル48%、裏地:ポリエステル100%
〈保温裏地〉あり ※保温アルミフィルムラミネート加工
〈撥水性〉撥水加工
〈ヘルメット対応フード〉あり
〈サイズ展開〉S~3XLサイズ

防寒ブルゾン(品番:5270)の商品ページはこちら
防寒ベスト(品番:5274)の商品ページはこちら

3214シリーズ

バートル サーモクラフト対応防寒ベスト 3214の平置き写真

バートル サーモクラフト対応防寒ベスト 3214

2020年発売の防寒ベスト。
サーモクラフト対応商品の中で唯一の、防寒ブルゾンの下にインナーベストとして重ね着もできる薄手の商品です。
インナーベスト専用ではなく、アウターとしても着用できるように「耐水圧10,000mm」というプロ向けレインウェア並みの撥水性も持っています。

〈混率〉ポリエステル100%
〈保温裏地〉なし
〈撥水性〉耐水圧10,000mm
〈ヘルメット対応フード〉なし
〈サイズ展開〉S~XXLサイズ

防寒ベスト(品番:3214)の商品ページはこちら

参考 サーモクラフトパッド(TC250)のスペック

バートル サーモクラフトパッド TC250の写真

バートル サーモクラフトパッド TC250

〈対応バッテリー〉AC260、AC230、AC210
〈設定温度〉13ボルト:52℃、10ボルト:45℃、8ボルト:40℃、6ボルト:35℃ ※AC260を使用した場合
〈連続稼働時間〉13ボルト:1時間+10ボルトで3時間(*)、10ボルト:4.5時間、8ボルト:7.5時間、6ボルト:14時間 ※AC260を使用した場合
*13ボルトで使用した場合、1時間経過後に自動で10ボルトに切り替わります

サーモクラフトパッド(品番:TC250)の商品ページはこちら

 

以上、バートル「サーモクラフト」の2021年秋冬最新情報でした。
ぜひ商品が完売する前に、購入されてくださいね。
みなさんの商品選びのお役に立てたらうれしいです。
最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!

関連リンク

バートルのおすすめ人気ランキング【最新】

バートルの防寒着 全商品一覧
バートルの秋冬・通年作業着 全商品一覧
バートルのエアークラフト 全商品一覧
バートルの2021年秋冬シーズン新作 全商品一覧
バートルの2021年春夏シーズン新作 全商品一覧
バートルの2021年新作 全商品一覧
バートルのすべての作業着 全商品一覧

バートル「5Lサイズ」の人気防寒着まとめ
バートル「5Lサイズ・ウエスト120~130cm」の人気秋冬・通年作業着まとめ
バートル「レディースサイズ」の人気防寒着まとめ

国内主要メーカーの防寒着 全商品一覧
国内主要メーカーの秋冬・通年作業着 全商品一覧

国内主要作業着メーカー一覧

作業着メーカーはバートルだけじゃありません!
国内主要作業着メーカーをぜひ下記リンクからチェックされてください。
寅壱の人気商品はこちら
Dickies(ディッキーズ)の人気商品はこちら
藤和(TS DESIGN)の人気商品はこちら
Jawin(ジャウィン)の人気商品はこちら
Z-DRAGONの人気商品はこちら
自重堂の人気商品はこちら
アイトスの人気商品はこちら
コーコス信岡の人気商品はこちら
ジーベック(XEBEC)の人気商品はこちら
桑和の人気商品はこちら
イーブンリバー(EVENRIVER)の人気商品はこちら

作業服・作業着の通販サイト ワークキング アイコン

作業着の総合通販サイト ワークキング

タイトルとURLをコピーしました