デニム作業着 売れ筋人気ブランド7選!【2022年最新】

デニム作業着 お役立ち最新情報

2017年頃から作業着業界で人気が高まり、最近は定番カテゴリーとなっているデニム作業着。
当初はデニム作業着を生産しているメーカーは、作業着業界の中でも数社のみでした。
最近は人気の高まりに伴い、大手メーカーもどんどん参入しています。
今では作業着主要メーカーの2社に1社はデニム作業着を生産しているといってもいい状況です。

商品がどんどん増えてきた中で
・どんなメーカーがあるの?
・どのメーカーが売れているの?
・どの商品が人気があるの?
といったご意見もよく耳にするようになりました。

そこで今回はそんなデニム作業着の人気ブランドやメーカーについて、人気商品も交えながらご紹介していきます。

デニム作業着 売れ筋ブランド7選!【2022年最新】

バートル(BURTLE)

バートルロゴマークの画像

作業着業界の再注目メーカー バートル

いま作業着業界で最も勢いのあるメーカー、バートル。
右肩上りの成長の理由の1つに「デニム作業着の大ヒット」もあります。

品番数は「春夏向け3品番」「秋冬・通年向け2品番」と決して多くはありませんが、とにかく売れてます。
完売→追加生産→完売→追加生産と毎シーズン繰り返すくらい、売れています!

売れている理由は「バートルらしいかっこいいデザイン」と「ちょうどいい価格設定」です。

累計販売何千着という実績もあるので、それだけ売れているということは品質面でも安心して着ることができますね。
作業着ショップや通販サイトで見かけた場合は、在庫があるうちに購入されることをオススメします!

Jawin(ジャウィン)

Jawinロゴマークの画像

こだわりのハイクラスブランド Jawin

Jawinは作業着業界トップメーカーである自重堂が展開しているブランドです。

ボタンや縫製パターンなど細部までこだわったハイクラスラインをラインナップしています。
かっこいいのはもちろんのこと、生産数量が非常に多いことから「追加注文」が多い企業さまにも人気が高いブランドです。

ちなみに2014年からある人物がJawinのモデルをずっと務めています。
その人物とは、、、、新庄剛志さん!
新庄さんが”ビッグボス”として2021年秋から脚光を浴びると同時に、Jawinブランドもまた注目度が高まっているようです。
[参考]新庄ビッグボス早くも“続投”「Jawin」監督就任後に売り上げ大幅増

Z-DRAGON(ジードラゴン)

Z-DRAGONロゴマークの画像

価格戦略ブランド Z-DRAGON

Z-DRAGONは自重堂がJawinと同時展開しているブランドです。

Z-DRAGONブランドは「デニムのかっこよさ」「お手頃価格」を両立した価格戦略ラインのブランドです。
数あるデニム作業着の中でも、1番手頃な価格の商品を多く展開してます。

ちなみに「手頃な価格」「品切れになりにくい豊富な生産量」から企業様からも評判が高いブランドです。
また、「すぐ破れる」「すぐ汚れる」といった買い替え頻度が高い多い方にも人気があります。

アイズフロンティア(I’Z FRONTIER)

アイズフロンティアロゴマークの画像

急成長のメーカー アイズフロンティア

アイズフロンティアは2013年に設立された作業着業界の中でも新しいメーカーです。
新興メーカーではありますが、すでにその売上は2021年に年間21億円を突破するというすさまじい勢いで成長されているメーカーさんです。

何かアイズフロンティアの業績をけん引したかというと、それはデニム作業着。
実は「デニム作業着ってかっこいい」というイメージを浸透させたメーカーの1社がアイズフロンティアなんです。

「スリムシルエット」「大胆なロゴプリント」「デザインファスナー」などそのデザイン性は、常にデニム作業着業界の先頭を走っています。
アイズフロンティアを取扱っている販売代理店はまだ多くないため、ロゴを見かけることはまだ多くはありません。
でも「今後、業界内でどんどんポジションを上げていくのではないか」と注目されているメーカーです。

寅壱

寅壱ロゴマークの画像

リピーター多数の寅壱

建設業界のみなさまにはおなじみのメーカー、寅壱。
寅壱ブランドを指名買いで購入する熱心なファンも多いメーカーです。

かつてはとび職のみまさんを対象としたとび服ベストやニッカポッカと得意としていましたが、最近はデニム作業着にも力を入れています。
寅壱のデニムは男らしいかっこいいデザイン、タフな生地で高い人気があります。
「ライン入りのデニム」「カラーファスナー」など職人さんの心をくすぐる、おしゃれなポイントを取り入れている点も評価されています。

イーブンリバー(EVENRIVER)

イーブンリバー ロゴマークの画像

綿の作業着が得意なイーブンリバー

イーブンリバーは綿の作業着を得意としている、広島のメーカーです。
この数年は得意の綿カテゴリーをさらに拡大し、オシャレなデニム作業着を次々に発売しています。

他社と比べると、比較的スッキリとしたデザインがイーブンリバーの特徴です。
同じデニム作業着でも少し「ヨーロッパテイスト」を感じさせる仕上がりになっています。
ほかの人とちょっと違うオシャレなデニム作業着をお探しの方にオススメのメーカーです。

グランシスコ(GRANCISCO)

グランシスコ ロゴマークの画像

一般アパレルも手掛けるグランシスコ

グランシスコは総合アパレルメーカーであるタカヤ商事が展開するブランドです。
ショップやネット通販を中心に人気が拡大しています。

タカヤ商事は作業着業界の中でも珍しく、作業着だけでなく一般アパレルのデニムも生産しています。
作業着の片手間で一般アパレルを手掛けているわけではありません。
百貨店や専門店でブランド展開するくらいの主力事業として、一般アパレルでも商品展開をしています。

一般アパレルでのノウハウを生かしたデザイン性・生地を採用した、おしゃれさと着心地のよさが評価されています。

上記以外の注目メーカー

デニム作業着の商品数はまだ少ないものの、業界で注目されているメーカーをここから紹介していきます。

ディッキーズ(Dickies)

ディッキーズ ロゴマークの画像

アメカジテイストが人気のディッキーズ

アメリカ発祥のカジュアルブランド、ディッキーズもデニム作業着を発売しています。
デニム作業着はスリムシルエットの商品ばかりの中、アメリカンカジュアルらしい「楽に着られる少しゆったりめなデザイン」で高い人気があります。

ジーベック(XEBEC)

ジーベック ロゴマークの画像

作業着業界大手 ジーベック

常に作業着業界のトップの一角にポジションを取る、ジーベック。
そんな大手メーカーであるジーベックも、ついに2021年秋冬からデニム作業着を発売しました。
「S~5Lサイズまでの幅広いサイズ展開」「豊富な生産量」から法人さまからの相談も多いようです。

桑和(SOWA、G.GROUND)

桑和ロゴマークの画像

ショップで人気の桑和

桑和はショップやホームセンターで高い人気のメーカーです。
同社が展開する「G.G.(G.GROUND)」というオシャレなデザインを重視したブランドの中で、デニム作業着も商品展開しています。
デニムの本場である「児島」の職人さんが色落ち加工を手掛けた、こだわりの「ハイエンドモデル」も注目されています。

TSデザイン

TSデザイン ロゴマークの画像

独自路線のオシャレさが人気のTSデザイン

TSデザインは藤和が展開するブランドです。ちなみにワークマンでは買うことができないブランドとしても業界では有名です。
TSデザインといえば「コンプレッション」「スーツ型作業着」といった独自路線のヒット商品を連発するブランドですが、デニム作業着も展開しています。
やはりTSデザインらしく、デザイン面で他社とは一線を画すオシャレな仕様ですね。

ASAHICHO(旧:旭蝶繊維)

ASAHICHO ロゴマークの画像

老舗メーカー ASAHICHO

2022年に創業85年を迎える老舗作業着メーカー、ASAHICHO。2021年に「旭蝶繊維」から社名変更し、現在の社名「ASAHICHO」となりました。
ASAHICHOは「YOROI WORKS」というシリーズでこだわりのデニム作業着を生産しています。
なにがこだわりかというと「日本製の生地」「国内での縫製」という2点です。
作業着業界では販売価格を抑えるために「海外生地」「海外縫製」が主流ですが、あえて国内で作り上げることで質の高いデニム作業着を実現しています。

D.GROW(ディーグロウ)

D.GROW ロゴマークの画像

かっこよさに注力したブランド D.GROW

D.GROWは「独自の電動ファン付き作業服”エアセンサー”」「8Lサイズ・ウエスト150cm対応など幅広いサイズ展開」などで有名なメーカークロダルマが展開するブランドです。
同社が展開する”かっこよさをより追求した”作業着ブランド「D.GROW」の中で、デニム作業着も展開しています。
ナイロン×デニムのハイブリッドモデル、動きやすいようギャザーを入れた独自の仕様など注目の商品を発売しています。

ネオテライズ(NEOterize)

2019年に設立の注目メーカー、ネオテライズ。
同社の公式ホームページにも表れているように、かっこよさが最大の特徴です。ネット通販とショップで人気が高まってきているメーカーです。
デニム作業着・コーデュロイ作業着などで作業着業界に新たなムーブメントを起こすのではないかと注目されています。

ディノベーション(Dinnovation)

ディノベーションは建設業界の方をターゲットとして設立された新しいメーカーです。
インスタを中心に評判が広がり、ショップやネット通販で人気が徐々に拡大しています。
オシャレな作業着を建設業界に広める役割を果たす、重要なメーカーになりうる注目のメーカーです。

どのメーカーの商品が1番いい?

ここまでいろいろなメーカーをご紹介してきました。
・結局どのメーカーが1番いいの?
・どの商品が1番おすすめなの?
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

その答えは、、、、どのメーカーもどの商品もおすすめです!

もちろん
・価格が1番安い商品は?
・1番ストレッチが効いてる商品は?
・1番品切れにならない商品は?
などポイントを絞れば、ご紹介できます。

でも今回ご紹介したメーカーは基本的にどの商品も耐久性や動きやすさの試験をクリアした商品なので、劇的な差はありません。
仕様が何か欠落しているということはありません。

要は好みです!

普段着と同じです、好みです!
どのデニム作業着も一流のメーカーさんが作っています。
どの商品も動きやすさは十分ですし、すぐ破れることもありません。
デザインが気に入って、価格も予算内の商品であればいいと思います。

デニム作業着との出会いはネット通販・作業着ショップなどいろいろな場面があります。
ぜひみなさまがいい出会いをされることをお祈りいたします!

デニム作業着 お役立ち情報

デニム作業着の失敗しない選び方
デニム作業着を『堅い印象』に変える5つの方法
デニム作業着のメリット・デメリットとは?
『デニム作業着』と『普段着のGジャン』の違いとは??
デニム作業着の『ストレッチの効き具合』を簡単に見分ける方法とは?
綿100%のデニム作業服は洗濯のときに要注意!

デニム作業着 2022年最新情報

デニム作業着 売れ筋人気ブランド7選!

デニム作業着 商品情報まとめ記事

バートルのデニム作業着 2022年最新情報
Jawinおすすめデニム作業着全5シリーズ 2022年最新情報

デニム作業着 通販サイトリンク

デニム作業着の総合特集はこちら

バートルのデニム作業着特集はこちら
寅壱のデニム作業着特集はこちら
Jawinのデニム作業着特集はこちら
Z-DRAGONのデニム作業着特集はこちら
自重堂のデニム作業着特集はこちら
桑和のデニム作業着特集はこちら
イーブンリバーのデニム作業着特集はこちら

作業服・作業着の通販サイト ワークキング アイコン

作業着の総合通販サイト ワークキング

タイトルとURLをコピーしました