失敗しない作業着の選び方、知ってますか??〈生地編〉

作業服の選び方

作業着を買ったあと「失敗した!」と思ったことありませんか?仕事で実際に着用したあとや、洗濯したあとに「失敗した!」と思ったこと、ありませんか??「前の作業着のほうがよかった!」と思ったことありませんか??

たとえば前の作業服より、、、

・汗を吸うけど、乾きが遅い!

・乾きが早いのはいいけど、汗を全然吸わない!

・生地が弱い!簡単に穴が開いちゃった!

・生地が弱くってすぐ破れた!

などなど「”前の作業着”のほうがよかった!」というケース、時々お聞きします。今回はその失敗を防ぐ方法についてご紹介します。

失敗しない作業着選びのポイント

 

それは、お気に入りの作業着と「生地の混率」を揃えること!「生地の混率」とは「綿100%」「ポリエステル65%綿35%」といった品質表示タグに書かれている比率のことです。作業着の買物に慣れている方は、普通にチェックされてるかと思います。タグに書いてある「綿」や「ポリエステル」にはそれぞれ特徴があります。

・綿=水分をよく吸うが、乾きにくい、火花に比較的強い

・ポリエステル=水分をあまり吸わないが、乾きが早い、火に弱くすぐに溶ける

・綿&ポリエステル=綿とポリエステルの中間

生地に使われている「綿」「ポリエステル」の混率が作業着の特徴を決めます。つまり、生地の混率が同じであれば、商品の特徴も基本的に同じということです!もし、お気に入りの作業着と「似た感じの生地」がいいという場合には、まずはお手元の作業着の「生地の混率」を調べてみてください。その混率と同じ作業着を選べば「前の作業着のほうがよかった!」という失敗は防げる可能性は高くなります。作業着を買う上で、必須のチェックポイントです。

※ただし、「生地の混率」以外にもチェックポイントはあります。「混率さえチェックしておけば絶対間違いありません!」というわけではありませんのでご注意ください。

商品選びに不安がある場合・選び方がわからない場合には、遠慮なくワークキングへご相談ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました