デニム作業着を『堅い印象』に変える5つの方法

デニム作業服

こんにちは!ワークキングの下池です。最近高い人気が継続しているデニム作業着ですが「カジュアルすぎる」「普段着っぽく見えてしまう」というご意見もいただきます。着用された企業さまが『お客様』からそういったご指摘をもらうことも中にはあるらしいです。

でも解決方法はあります!ちょっとした工夫で『かっちりした堅い印象』に変えることができるんです!

デニム作業着の印象を『かっちりした堅い印象』に変える5つの方法

【工夫1】会社名の刺繍を入れる

左むねに会社名の刺繍が入るだけで、一気に『仕事用』の雰囲気が増します。社名だけでなく、マークまで入れたらなおさら良いです。背中に会社名を大きめのプリントで入れるのもアリですね。

【工夫2】濃色の商品を選ぶ

デニム作業着で人気のブリーチ加工・色落ち加工やヴィンテージ加工。どうしてもカジュアル感が強くなってしまいます。でも、色落ち加工をしていない濃紺や黒のデニム作業着であれば、まだ『かっちり感』は出せます。遠目には濃紺の「普通の作業服」と似た感じに見えるデザインの商品もあります。

【工夫3】足の長さに合わせてパンツの裾上げをきっちりする

裾上げをせず、足首に生地がたまっていると「だらしない印象」になってしまいます。体型に合わせて、ちゃんと裾上げをすれば問題ありません。※ワークキングでは裾上げ無料です!

【工夫4】上下ともデニムではなく、パンツは普通の作業着パンツにする

上下どちらもデニム作業着ではなく、ブルゾンだけデニムにするという方法もあります。パンツはチノパンのようなベージュ系が1番コーディネートしやすいですね。上下デニムよりは、軽いさわやかな印象になるのでオススメです。スーツにしても最近は「紺のジャケット」に「ベージュのパンツ」というパターンをよく見かけるようになってますよね。

【工夫5】ゆったりめではなく、きちっとしたサイズを選ぶ

着ていて楽という理由で大きいサイズを選ぶのもわかります。ただ、どうしてもデニム+ゆったりサイズだと、だらしない印象につながりがちです。印象で損をしないのは「体型にちゃんと合ったサイズ」を選ぶことですね。

 

以上、デニム作業服を『かっちりした印象』に変える方法でした。作業服は企業の顔です。いろんなパターンを組み合わせて、ぜひ御社の独自カラーを表現してみてください。参考になれば、うれしいです。

ぜひ、当社ワークキングのデニム作業着特集もご覧ください。かっこよくて同業他社と差別化ができるデニム作業着、数多く取り揃えてます!

デニム作業着特集はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました