デニム作業着を『堅い印象』に変える5つの方法

【法人さま向け】お役立ち情報

こんにちは!ワークキングの下池です。

最近高い人気が継続しているデニム作業着ですが「カジュアルすぎる」「普段着っぽく見えてしまう」というご意見もいただきます。

着用された企業さまが『お客様』からそういったご指摘をもらうことも中にはあるらしいです。

でも解決方法はあります!ちょっとした工夫で『かっちりした堅い印象』に変えることができるんです!

デニム作業着の印象を『かっちりした堅い印象』に変える5つの方法

【工夫1】会社名の刺繍を入れる

デニム作業着がカジュアルに見える理由、それは普段着のGジャンのように見えてしまうから。

でも左むねに「会社名の刺繍」が入るだけで、一気に『仕事用』の雰囲気が増します。

社名だけでなく、ロゴマークまで入れたらなおさら良いです。背中に会社名を大きめのプリントで入れるのもアリですね。

【工夫2】濃色の商品を選ぶ

デニム作業着で人気のブリーチ加工・色落ち加工やヴィンテージ加工。とてもかっこよくて人気が高いのですが、どうしてもカジュアル感が強くなってしまいます。

でも、色落ち加工をしていない「濃紺」や「黒」のデニム作業着であれば、まだ『かっちり感』は出せます。

遠目には濃紺の「普通の作業服」と似た感じに見えるデザインの商品もあります。

【工夫3】足の長さに合わせてパンツの裾上げをきっちりする

裾上げをせず、足首に生地がたまっていると「だらしない印象」になってしまいます。

体型に合わせて、ちゃんと裾上げをすれば問題ありません。※ワークキングでは裾上げ無料です!

【工夫4】上下ともデニムではなく、パンツは普通の作業着パンツにする

上下どちらもデニム作業着ではなく、ブルゾンだけデニムにするという方法もあります。

パンツはチノパンのようなベージュ系が1番コーディネートしやすいですね。

上下デニムよりは、軽いさわやかな印象になるのでオススメです。

スーツにしても最近は「紺のジャケット」に「ベージュのパンツ」というパターンをよく見かけるようになってますよね。

その際、注意点が1つあります。

それは、ブルゾンに合わせてパンツも「スリムシルエットの商品」を選ぶこと!

ブルゾンはスリムなのにパンツがゆったりシルエットだと全身のバランスが崩れて、せっかくのデニム作業着のオシャレさが半減してしまうのでもったいないです。

デニムブルゾンはスリムシルエットの商品が多いので、パンツもスリムシルエットを選んだ方がかっこよくキマります。

【工夫5】ゆったりめではなく、きちっとしたサイズを選ぶ

「着たときに楽」という理由で大きめのサイズを選ぶ方もいらしゃいます。ただ、どうしてもデニム+ゆったりサイズだと、だらしない印象につながりがちです。

印象で損をしないのは「体型にきちんと合ったサイズ」を選ぶことですね。

スーツも同じですが、体型にきちんと合ったサイズを着ることは”仕事ができそう”といった好印象につながります。

 

以上、デニム作業服を『かっちりした印象』に変える方法でした。

作業服は企業の顔です。いろんなパターンを組み合わせて、ぜひ御社の独自カラーを表現してみてください。

参考になれば、うれしいです。

ぜひ、当社ワークキングのデニム作業着特集もご覧ください。かっこよくて同業他社と差別化ができるデニム作業着、数多く取り揃えてます!

デニム作業着 お役立ち情報

デニム作業着の失敗しない選び方
デニム作業着を『堅い印象』に変える5つの方法
デニム作業着のメリット・デメリットとは?
『デニム作業着』と『普段着のGジャン』の違いとは??
デニム作業着の『ストレッチの効き具合』を簡単に見分ける方法とは?
綿100%のデニム作業服は洗濯のときに要注意!

デニム作業着 2022年最新情報

デニム作業着 売れ筋人気ブランド7選!

デニム作業着 商品情報まとめ記事

バートルのデニム作業着 2022年最新情報
Jawinおすすめデニム作業着全5シリーズ 2022年最新情報

デニム作業着 通販サイトリンク

デニム作業着の総合特集はこちら

バートルのデニム作業着特集はこちら
寅壱のデニム作業着特集はこちら
Jawinのデニム作業着特集はこちら
Z-DRAGONのデニム作業着特集はこちら
自重堂のデニム作業着特集はこちら
桑和のデニム作業着特集はこちら
イーブンリバーのデニム作業着特集はこちら

作業服・作業着の通販サイト ワークキング アイコン

作業着の総合通販サイト ワークキング

タイトルとURLをコピーしました